加齢臭

そもそも加齢臭って何?

簡単に説明すると、体から出る「皮脂」が酸化したり、菌に分解されることで、すっぱい臭いと言うのか、腐った臭いというのか、とにかくあの独特のいやなにおいになります。
この皮脂が酸化したり菌に分解されるとはどういうことでしょうか?
詳しく見ていきましょう。
実は脂だけでは臭くありません。食品に使用する脂もそれ自体では臭いがしないのと同じです。
この脂が、皮膚の表面に出てくることで、皮膚のカスや汗などと混じって、酸化(さびつくようなイメージです)して、菌などに分解されるときに加齢臭の原因である「ノネナール」が発生します。
この物質こそが加齢臭の臭いの原因です。

年齢によって加齢臭の臭いは違う?

分解される汗や脂の質が違うので、年齢によって加齢臭の臭いは異なります。

10代から20代の特徴は「ツン」とした臭い

この年代は皮脂の分泌が少なく、皮膚がどんどん新しく変わっていくため、皮膚のカス(アカ)が多いのが特徴です。そのアカが分解されると、ツンとした臭いになります。

30代の特徴は「ツン」+「脂っぽい」臭い

この時期には皮脂が大量に分泌されるので、臭いの特徴としては脂っぽさがかなりつよくなります。攻撃的な「ムッ」とした感じの臭いになります。

40代の特徴は「脂っぽい」+「腐った」の臭い

この年代も皮脂が分泌されているので脂っぽい臭いがするのですが、分泌される皮脂の成分が違うため、脂臭さに腐った臭いがプラスされるのが特徴です。攻撃的な臭いはそのままで、しなびた枯れたような要素が加わることで、臭いがしぶとく、そしてなかなか消えないあの嫌な臭いになってきます。


このページの先頭へ戻る