加齢臭 30代 40代

加齢臭って何?どんなものなの?

最近、テレビや雑誌などのメディアでよく見聞きするようになった加齢臭ですが、オヤジ臭や中年臭といった呼ばれ方も多いため、中高年男性特有の匂いとして女性にはあまり関係のないものといったイメージが強いです。

 

しかし、一般に加齢臭と呼ばれる匂いの原因は、40歳頃から分泌量の増えるノネナールという物質で、誰でも加齢によって直面することとなる匂いのことです。つまり、男性にも女性にも起こりえる悩みなのです。

 

加齢臭にも個人差があり、その匂いのタイプや強さも様々ですが、一般に加齢臭に例えられる匂いにはロウソクや古本、チーズが挙げられます。好き嫌いは分かれますが、どれも我慢ができないというほどの匂いではなく、メディアが取り上げる脂ぎった悪臭とはかけ離れたものであり、加齢臭=中高年男性の匂いというのは全くのウソだということが分ります。

 

しかし、加齢臭にそのようなイメージがあることにも理由があり、働き盛りの男性にありがちな食生活の乱れやストレス、身だしなみに気を遣う時間がないといったことからイヤな匂いを出しやすい環境をつくり出していることが挙げられます。加齢臭そのものだけでなく、表皮の雑菌の繁殖などによってキツい匂いを放つこともあるため、加齢臭の気になる40代からは匂いケアにも気を付ける必要があるわけです。

 

一方で、何故同年代の女性の場合、それほど加齢臭が気にならないのかということについては、女性は服装や髪、香水など見た目や匂いなど普段から身だしなみに気を付ける人が多いことや、女性ホルモンには皮脂の分泌や酸化を抑える働きがあることから、匂いの原因をつくりにくいということが挙げられます。しかし、女性の場合、閉経によって女性ホルモンの分泌量が減ることで、急に匂いが気になり始めることがあるため、匂わないから大丈夫と安心せず、早い段階から匂いケアを始めることが大切です。

臭いの基礎知識記事一覧

匂いのエイジングケア

匂いのケアって?誰かが自分のそばに来た際、何となくいい匂いがしたという経験を持つ人は多いはずです。人にはそれぞれ体から発する匂いがあり、その人の性別や年齢、普段の食生活や身につける香水などによって全く異なるものですが、その匂いがいい匂いなのか、それともイヤな匂いなのかによって人の印象が大きく左右されるといっても過言ではありません。そのため、匂いのケアについても、洋服やメイクアップと同様に気を遣う必要があります。年齢を重ねると体臭がきつくなる?最近は、テレビや雑誌など様々なメディアでアンチエイジングが取り上げられていますが、アンチエイジングとは、人か生きて行く上で必ず直面する身体機能や肌の老化防...
続きはコチラ

加齢臭や匂いのウソ・ホント

体から出る匂いって意外といろいろあります。最近は、雑誌やテレビなどで加齢臭といった体臭について取り上げられることが多くなったかとから、体の匂いを気にする人が増えています。加齢臭は中高年男性特有の匂いという間違った情報も多く、それらをそのまま信じてしまう人も少なくありませんが、体から出る匂いには数多くの種類があり、匂いの原因も実に様々です。加齢臭は「加齢」が直接説的な原因ではない!?例えば、中高年の男性が放つ特有の匂いについては、加齢が大きな原因といえますが、これは加齢することが直接匂いとなっているのではなく、ある程度の年齢に達すると匂いの原因となるノネナールと呼ばれる物質が皮脂から分泌されるた...
続きはコチラ

知っておきたい匂いの基本

悪いのは「ノネナール」一般に、年をとると体臭がきつくなるといわれますが、これは、加齢にともなって分泌されやすくなるノネナールと呼ばれる物質が原因となっています。ノネナールは、若い人にはほとんど見られない物質ですが、中高年になると皮脂からの分泌量が増え、それらが酸化・分解されてつくり出される特有物質です。そして、ノネナールが汗や体臭と混じり合って一般に加齢臭と呼ばれる匂いを放ちます。加齢臭は男性だけではありません。女性もあります。加齢臭は、一般に中高年男性の匂いと思われがちですが、実は女性にも同様の加齢に伴う匂いがあります。ただ、女性の場合、皮脂の分泌を抑える働きを持つ女性ホルモンが作用するため...
続きはコチラ

匂いと年齢の関係

体臭と年齢体から出る匂いと年齢には深い関連性があります。最近よく見聞きするようになった「加齢臭」のように、体臭は年齢を重ねるにつれて強くなるのが普通で、中高年特有の体臭を発することがあります。匂いの原因とは?匂いの種類や原因には様々なものがありますが、一般に体臭と呼ばれる匂いには皮脂の分泌が関わっています。年齢を重ねるごとに匂いに変化が出るのは、若い頃よりも皮脂腺の働きが活発となり皮脂の分泌量が増えることが原因の一つとされています。加齢臭は年齢とともに臭いが増します。通常は、30歳頃まで皮脂の分泌量はそれほど多くないため、匂いはほとんど気になりません。しかし、40歳前後から匂いが気になりはじめ...
続きはコチラ

匂いの原因とは?

体臭にも種類がある!?一口に体臭といっても、体から出る匂いには様々な種類があり、それらの匂いは人それぞれです。また、匂いを発する部分によってその原因も様々です。場所によって臭いが違う。一般に匂いが気になりやすいのは、汗、頭皮や髪の毛、口、ワキの下、足などが挙げられますが、体臭には匂いのもととなっている物質があり、これらは脂質系、タンパク質系、糖系に分けられ、匂いをつくりだすメカニズムもそれぞれ異なります。なかなかオールマイティーの体臭対策はない!?そのため、体の匂いにはこうすれば大丈夫といった対処法はなく、それぞれの匂いの原因に合わせた防止策や匂いケアを行う必要があります。汗をかいた時の匂いや...
続きはコチラ

加齢臭とホルモンバランスの関係

一般的には女性には加齢臭が弱いですが。。。女性の場合、女性ホルモンが汗腺や皮脂腺の機能を調節する働きを持つことから、一般に男性と比較して早い段階から加齢臭のような体の匂いが気になることは少ないといいます。しかし、閉経後は女性ホルモンの分泌量が減るため、ホルモンバランスが崩れることで体に様々な症状が現れはじめます。体から出る匂いの変化もその一つで、ホルモンバランスが崩れるとこれまで皮脂の分泌を抑えていた皮脂腺の働きが弱まり皮脂量が増えます。そして、皮脂とともに分泌される脂肪酸が酸化するとノネナールと呼ばれる中高年特有の物質が分泌され、汗や体臭と混じり合って、一般に加齢臭として知られるイヤな匂いを...
続きはコチラ

加齢臭はどこから匂うの?

年齢を重ねるにつれて体から出やすくなる匂いに加齢臭があります。加齢臭=中高年男性特有の体臭と思われがちですが、加齢臭は男女共に40歳前後から出やすくなる匂いのことで、特に男性は皮脂の分泌量が多いため、女性よりも早い時期に匂い出すことがほとんどです。一般に、油っぽくなる頭皮や髪の毛、首の後ろなどが匂うことが多いため、皮脂そのものが匂いの根源のように感じますが、分泌された皮脂がすぐ匂いを放つのではなく、酸化や分解されてつくり出されるノネナールと呼ばれる物質がイヤな匂いの原因です。わかりやすく図で表してる加齢臭対策の正しい洗い方も参考にしてくださいね。イヤな匂いといっても、卵が腐ったような悪臭がする...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る